ホーム > 企業情報 > プルデンシャル・ファイナンシャル・グループ傘下の運用ユニット

プルデンシャル・ファイナンシャル・グループ傘下の運用ユニット

プルデンシャル・ファイナンシャルの組織力を最大限に活用し、グローバルなネットワークを駆使して見出した投資機会を運用商品として提供します。

PGIMインクについて

プルデンシャル・ファイナンシャルの資産運用ビジネスの中核を担うPGIMインクは、米国を本拠とする資産運用会社です。米国証券取引委員会(SEC)に1984年12月に投資顧問会社として登録、債券、株式からオルタナティブ資産に至る様々なプロダクトを世界の投資家に提供しています。
PGIMインクは、プルデンシャル・ファイナンシャルの完全所有の子会社で、社内あるいはその傘下に、PGIMフィクスト・インカム、ジェニソン・アソシエイツ(Jennison)、QMA、プルデンシャル・キャピタル・グループ、PGIMリアルエステート、PGIMリアル・エステート・ファイナンスという運用手法の異なる6つの運用ユニットを有しています。


PGIMフィクスト・インカムについて

PGIMフィクスト・インカムは、米国SEC登録投資顧問会社であるPGIMインクのパブリック債券運用部門です。1875年にジョン・フェアフィールド・ドライデンにより米国ニュージャージー州に設立された、ザ・プルデンシャル・フレンドリー・ソサエティ(“the Prudential Friendly Society”)のパブリック債券の運用部門として設立され、自社保険資産に関する債券運用を開始しました。1928年に外部のお客様の債券運用も開始、現在では7,170億ドル(2018年3月末現在)の資産を運用しております。

ジェニソン・アソシエイツ(Jennison)について

ジェニソン・アソシエイツ(Jennison)は、機関投資家向けに米国大型株グロースのアクティブ運用サービスを提供する独立系運用会社として1969年に創立されました。Jennisonは、米国大型株グロースを始めとして、グローバル株式など多数のプロダクトを運用しています。Jennisonは、PGIMインクの完全所有子会社であり、間接的にプルデンシャル・ファイナンシャルの完全所有の子会社です。

QMAについて

QMAは、独自の定量手法を用いて、米国およびグローバル株式などにおけるコアやバリューのアクティブ運用やパッシブ運用、あるいはアセットアロケーションなどのプロダクトを提供します。QMAは、PGIMインクの完全所有子会社であり、間接的にプルデンシャル・ファイナンシャルの完全所有の子会社です。

プルデンシャル・キャピタル・グループについて

プルデンシャル・キャピタル・グループは、PGIMインクの私募債券運用部門です。プルデンシャル・キャピタル・グループは、私募債券運用におけるリーダーとして70年以上にわたる実績を有しています。

PGIMリアルエステートについて

PGIMリアルエステートは、PGIMインクの不動産投資部門として、1970年に業務を開始しました。以来、世界の不動産市場で拡大を続け、グローバル不動産投資運用におけるリーダーとして、オープン・エンド・ファンドやクローズド・エンド・ファンドなど様々な投資ビークルを投資家に提供しております。

PGIMリアル・エステート・ファイナンスについて

PGIMリアル・エステート・ファイナンスは、プルデンシャル・ファイナンシャル・インク・グループ内外の生命保険会社を中心とする投資家の長期安定的な運用に資するため、年間十億ドル以上のローンを商業用不動産等向けに提供しています。PGIMリアル・エステート・ファイナンスは、プルデンシャル・ファイナンシャルの間接的な完全所有の子会社です。